住宅ローンを完済したら、抵当権抹消登記をしましょう。

住所変更,氏名変更の登記

 

抵当権を設定した後に
 ・引越し等で住所が変わった
 ・結婚等で氏名が変わった
という場合(登記簿上の住所と現在の住所が相違する場合)には、抵当権抹消登記の前に、住所変更、氏名変更の登記を行う必要があります

 

※市町村合併により住所が変更した場合は、住所変更の登記は不要です。
※複数の所有者、共有者がいる場合、一人でも変更があれば変更の登記が必要です。

 

 

費用

住所変更・氏名変更の登記には、追加の費用が必要になります。
以下は登記手続きをする法務局が1つの場合の価格です。2以上の法務局に申請する場合は、法務局の数に応じて報酬が追加されます。

 

司法書士への報酬

  ※インターネット限定価格

●4980円(消費税込み)

 

※不動産の数にかかわらず、一律の金額です。

実 費

●登録免許税・・・不動産の数×1000円

 

※敷地権付き区分建物(マンション)の場合、「不動産の数」は「専有部分の数(部屋の数)+敷地権の数」となります。

 

 

 

当事務所に住民票、戸籍の附票、戸籍謄本等の取得を依頼する場合

司法書士への報酬

●3000円(消費税込み)

 

※取得する書類の数にかかわらず、一律の金額です。

実 費

●住民票、戸籍の附票、戸籍謄本等・・・手数料は各市町村によります
 ※ただし、定額小為替証書で支払うため、使用する定額小為替証書1枚につき100円必
 要になります。

 

●郵送料

 

必要書類

●【住所変更の登記】には次の書類が必要になります。
  ・登記簿上の住所から現住所までの移転の経緯が分かる住民票 または 戸籍の附票

 

 ※住民票・戸籍の附票は保存期間が5年となっているため、現在の住所へ繋がる書類を用意できない場合がありま
  す。そのときには、権利証など別の書類が必要になったり、上申書が必要になったりします。(必要書類は法務
  局によって異なる場合があります。)このようなときには、お申込みフォームの備考欄に記入するなどして、当
  事務所にご相談ください。

 

●【氏名変更の登記】には次の書類が必要になります。
  ・氏名が変わったことが記載されている戸籍謄本
  ・住民票(本籍地入りのもの)

 

 

なお当事務所に、住民票、戸籍の附票、戸籍謄本の取得を依頼することができます。

 
トップページ 手続の流れ 費用 住所・氏名変更 お申込み